東京⇔大阪の引越し料金の相場はいくら?

頻繁に行われている東京と大阪の引越し。細かく統計を取った機関などから数字が公表されているのかどうか管理人には分かりませんが、でも間違いなく長距離のカテゴリに入る引越し区間の中では最も多いのが、大阪から東京へ、または東京から大阪の各都市への引越しでしょう。

 

頻繁に引っ越しが行われている区間であるので、東京⇔大阪の区間を得意としている専門業者もあることでしょうから、そんな業者に頼めば通常の相場金額よりもかなり安く引越せる可能性があります!

 

そこで気になるのが引越し料金の目安!

 

目安料金を知れば、この業者は高すぎる!という判断が出来ますよね。

 

東京⇔大阪間の単身世帯の引越し料金の目安は?

東京⇔大阪間は長距離引っ越しですから、そうなると比較的料金が高いイメージもありますが、荷物がそれほど無ければ100,000円以下で十分なはずです。

ただし、これはあくまでも荷物が一人暮らしとして標準的な量の場合です。たとえ単身の引っ越しであっても家族世帯並の家財があれば、東京と大阪くらいの距離があればすぐに100,000円をオーバーしてしまうでしょう。

東京⇔大阪間の家族世帯の引越し料金の目安は?

夫婦で引越しを考えている人は150,000円くらいの予算は最低でも用意しておいた方が安心です。

 

子どもがいるご家庭の場合はこれに30,000円をプラスしたくらいを用意しておけばとりあえずはOK。

でもこれもやはり標準的な荷物量を前提とした最低ラインと考えておいた方がいいかもしれません。

あくまでも標準的な相場ですから夫婦二人子どもなし世帯の場合でも荷物量によっては200,000円を超えることだって普通ですし、子どもがいれば300,000円超過のこともあるでしょう。

 

特に大きな家具や家電、楽器(ピアノなど)や貴重品(骨董品など)のような特殊な荷物を引越し先に運ぶことでグンッと引越し料金が増してしまいます。引越す前に家にそれらがあるのかどうか、そして処分せず持っていくのかも確認しておいてください。

 

また、大きな家具などがなくても依頼する業者によって数万円、場合によっては100,000円以上の差が生まれることがあります。

なぜそんなに差が生まれてしまうのか。

 

それは東京⇔大阪間の引越し料金に決まった価格などなく、各業者が独自に価格設定をしているからです。

 

そして東京と大阪間の引越し料金をできるだけ抑えるにはどうしたらいいのか。

 

まず絶対にしなければならないのが見積もり比較です!

 

1社や2社だけでは足りません。引越し料金を安く済ませたいのであれば少なくとも5社程度は見積もりを出してもらう必要があるでしょう。


 

 

東京-大阪間の引越し口コミ情報


引越しは3月が佳境となる事実

最初に動かぬ事実を。相場と言われる引越し業界の料金が最も高くなる時期は3月〜4月上旬です。さらにこの3月の末の方の週末の引越しというのは、おそらくは最高に料金が高くなるだろうということを覚えておいてください。

 

引越しを行う際、手間やスムーズさを考えると引越し業者を利用する方が多いことでしょう。そこで重要になるのが 引越し料金です。引越し業者に見積もりを出してもらう場合、交渉やいくつかの条件の変更で費用が大きく変わるというのが引越し料金の特徴です。では、一体何をどうすると引越し料金を減らすことができるのでしょうか。

 

まず、引越しが込み合っている時の引越しは費用が高くなることは想像に難くないでしょう。引越しが込み合う時期にはそれだけ人件費がかかりますので、必然的に単身 引越し料金も高くなってしまうのです。具体的には3月4月の新生活の時期は最も引越しが込み合う時期です。この時期の引越しを予定している場合は、前後に日にちを動かせないかスケジュールを調整してみるといいかもしれません。

 

また、曜日によっても大きく価格が異なるのが引越し料金の特徴です。引越しは休日に行われることが多い為、日曜日や祝日は割増料金になる業者が多いのです。スケジュールに融通が効くようでしたら日曜祝日を避けた引越しが望ましいです。そして意外と引越し料金に影響するのが日柄です。年間を通して大安の日は引越しが立て込んでいることが多く、この日の引越しは料金が上がる傾向があります。逆に混雑期でも空いていることが多いのが仏滅の日です。全体的に価格が高騰しがちな混雑時期の引越しであっても、仏滅の日を選ぶことで費用を安く抑えられるのも引越し料金の特徴の一つです。引越し料金には他の業種とは異なる独特な特徴がたくさんありますので、しっかりと引越し費用の目安を押さえて、それらを活用してお得に引越しを行いましょう。

東京と大阪 業者選びを間違うと10万円損するのも当たり前!?

東京と大阪の引っ越しは言うまでもなく日本の2大都市間ですから頻繁に行われています。引越し業者もたくさんあれば、その引越し方法にもいろいろな種類があります。

 

まず、東京と大阪の引っ越しで料金が最も高いだろうと思われるケースを挙げてみます。

 

・季節 「春」

 

・時期 「月末」

 

・日 「週末、および祝祭日」

 

・時間 「午前便」

 

・方法 「トラックに荷物を搬入し、そのまま東京(あるいは大阪)へ向かう」

 

考えられる「高い料金パターン」はこのようになります。もちろん、これにピアノがあるとか、貴重品(絵画や骨董品)を運ぶとか、荷造り・荷解きすべてやってくれるおまかせパックを利用する、などのオプションサービスを頼めばもっと高くなります。

 

では、逆に安く済ますためにはどうすれば良いでしょうか?

最も安い業者を【無料一括見積】で探そう!

値段を少しでも安く済ませるためには、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼し、その結果を比較するのがイチバンです!

 

具体的には、インターネットで【無料一括見積サービス】を利用するのです。

 

無料見積もりとは、とってもオトクなインターネット上のサービスで

・専用フォームに必要事項を記入して送信するだけで、複数の業者から引越し金額の見積もりが送られてくる!
・24時間年中無休で受け付け!
・一度の依頼で7社〜10社の業者から返事がくる!

といったメリットがあるのです^^

 

引越し料金は、全業者一律同じというわけではないので、業者の方で自由に設定できます。
ということは当然、返ってくる見積金額もバラバラ。

 

「業者Aの見積は5万円だったけど、業者Bの見積は10万円もした〜!」といったことも十分あり得るのです!!

 

つまり、

 

業者を適当に決めると、料金で損をすることになるかもしれないのです!

 

「有名だから」「あてずっぽう」など適当な理由で業者を決めるその前に、ぜひ一度インターネット無料一括見積を利用してみて下さい。

実際に見積もりサービスを利用した結果

百聞は一見にしかず。
実際に無料見積もりサービスを利用すると、料金の違いに相当驚かされますよ〜〜〜!!

 

……という言葉だけでは、いまひとつイメージがわかないと思いますので、実際に見積もりサービスをお願いしてみた結果を書いてみようと思います。

 

まず、利用したのはこちらのサービス。

 

 

以下の設定で入力してみました。

・東京から大阪の引越し
・単身
・荷物の量は少な目
・引越し時期は繁忙期ではない
・日曜日に引越し

 

この条件で送信した結果、7社から見積もりが届きました!!
どうなったかといいますと!!

 

A社:5万5千円
B社:6万5千円
C社:5万4千円
D社:3万8千円
E社:4万円
F社:7万円
G社:6万2千円

 

いかがでしょうか?
一番安いD社と一番高いF社では、なんと金額に2倍近い差があるのですっっ
w(゚0゚*)w オォー w(゚听;)w オォー w(゚ロ゚;)w オォー!!

 

勿論、この見積もりはあくまで暫定なので、訪問見積もりをした上で最終決定をすることになるでしょう。

 

ですが、7社も訪問見積もりをしてもらうのは現実的ではないですよね。
最初から値段の安い2〜3社に絞ってお願いした方が無難でしょう。

 

そう考えると、無料一括見積サービスを利用した方が絶対にオトクですよ〜〜〜((o(> <)o))

 

 

東京⇔大阪間の1番安い引越し業者の価格を知っていますか?>>>Click!!

 

 

 

 

 

 

 

大阪−東京間の引越し費用を安く済ますには?

引越しするのが久しぶりの方、このサービスは以前にはなかったものですので、もしかしたらはじめて目にする方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

今は誰でも各社の引越し見積もりを一度にたくさん取り寄せることができるようになりました。従来は電話をして見積もりを聞くしか手段がありませんで したが、これはとても面倒だったことなので、ほとんどの方が見積もり比較をしなかったと思います。でも今は簡単にできるようになったのですよ♪

 

作業員の数を少なくして、価格を安くしてもらおう

引越しの料金に実費というものがあって主に作業員の作業料となっています。この作業料を減らすには当然作業員の人数を減らすことになります。作業料 は一人1.5万円前後となっています。作業員の数は引越し荷物の量によって決まるようです。ですから荷物の量が少なくなれば作業員の人数が減るということ です。荷物の量を減らすには不要品を処分することです。服や本など思いれがあって処分できないという方もいるでしょうが、服はいつか流行が戻ってきて着る かもと思って取っておいても『いつか』というのは数年かかってしまいます。この間にいろいろと服を買うのでどんどんと増えていきます。

 

そこで引越しを期に 1年以上着ていない服は処分しましょう。本は内容によってまた読みたくなるかならないかで決めます。このあいだもう読まない本を140冊古本屋さんに売っ て約3000円になりました。雑誌は本体すべてを取っておきたいと思うことは少ないでしょう。お気に入りのページのみをファイルにしたり、パソコンに取り 込んで本体は処分しましょう。140冊でダンボール2箱ありました。チョット本を処分しただけでも荷物の量を減らすことができます。引越し先が近くであれ ば引越し日よりも前に、可能な限り運搬しておくと言うのも手段としては有効になってくると思います。作業員数が一番少ないのは赤帽かと思います。赤帽は作 業員兼運転手となっています。

 

引越しの料金も安く設定されています。だいたいの引越し業者に引越しを依頼すると荷物の搬出・搬入は手伝わなくても良いです が、赤帽に関しては手伝いが必要です。非力で荷物を運ぶのが難しいと思うかたは赤帽での引越しはムリかもしれませんね。自分の引越し作業の作業員数を知る には見積り書でできます。業者の作業員の数は交渉によって変動させることが出来るが、作業時間に限りがあるため、当日のスケジュールと運搬するものの多さ などから考えた際に、作業員の数を極端に減らすと言うのはできないこともあります。まずは一人暮らし 引越し 費用がどのくらい掛かるのか、見積もりを取って作業員の数を確認することから始めてください。単身引っ越しの場合も同様ですのではじめての一人暮らしを予定している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

可能な限り安くが基本です!

荷物がとてもあるご家庭の引越しではそれ相応の引越し代が掛かります。でも一人暮らしなら、そんなに高い料金は掛からないんじゃない?、そう考える人も多いと思います。ところが、単身の引越しってそんなに安いわけではないのですね。

 

単身だから作業員が一人で良いのか?と言えばそんなことはないですし、それに赤帽程度のサイズの小型トラックで簡単に済むほど、東京−大阪間の引越しは簡単な作業ではありません。

 

部屋がワンルームや1K、1DKだからそんなに荷物が無いと思っていたけれど、準備をはじめて、なぜこんなにも家財があるのか?そんな経験がある人ってとっても多いんです。とても軽く考えて赤帽が安いからこれにしちゃえ!と頼んで、いざ作業を始めてからこれは大変なことに!、そんな人ってとても多いようですよ。

 

少なくとも業者に見積もりをしてもらって、それで予算が足りない場合は仕方ありませんが、そうしてから判断をしても遅くはないのですよからね。

 

 

 

 

 

 

そして交渉。この交渉によって半額にする強者もいます。それが不可能な業者もいますが、数万円は確実に差が出てくるはずですから根気よく交渉してみましょう。