繁忙期の3月の引越し費用を少しでも安くするには

引越し料金はよく相場ものと言われます。それは価格が変動するからなのです。そして繁忙期が高くなるのです(このことは多くの人がご存知ないかもしれませんね)。

 

新生活のために移動する人が集中するのが3月ですから、この季節の3月4月は年間で最も高い費用が掛かることになります。

 

日本の長距離引越しではおそらく最も多いであろう東京と大阪間の引越しでも、もちろん同様に引っ越し専門業者の価格が値上げされます。

 

そこで3月に引越しをする場合に数万円でも安くするために覚えておく事柄をまとめてみます。

 

料金を抑える為の引越し業者の基礎的なことがありますので覚えておきましょう。最も基本と言えるのが業者による料金の違いです。

 

 

引越しに必要な料金は業者ごとに違いますので、料金を抑えるには比較を行ってから決定する必要があります。

 

その比較を行うには見積りが必須となりますが、それぞれの業者に申込みを行うのはとても大変です。そこで利用したいのが一括見積もりです。10社以上でも同時に見積りの申込みを行う事ができますので手間暇を掛けずに見積り集める事ができます。

 

各社の料金が分かれば相場も把握できますし、安い料金の業者を見つける事もできます。

 

>>> 東京−大阪間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

 

次にとても重要なことですが、季節による料金の違いについても繰り返しになりますが再確認しておきましょう。

繁忙期と閑散期

引越しには繁忙期と閑散期があります。そして繁忙期というのは通常よりも料金が割高になっている事がほとんどの業者で行われていることです。つまり安く引越しを行う為には繁忙期の3月を避ける・・・これが一番のことなのですが、そうは行きませんよね。なので上記で書いた見積もりの比較がとても大事なことになってくるのです。見積もりを複数取ることによって引越し費用が安くなると言っても過言ではありません。

 

もし、引越し日の変更が利くようなら閑散期に行うようにしましょう。また、閑散期の方が値下げ交渉をし易くなります。一気に料金を下げてくれる事もありますので、お得に引越ししたい場合は時期を考えて行動してみましょう。

 

引越し業者の基礎知識は割引サービスについてです。業者ごとに割引サービスというものを設けています。ホームページから見積りを申込むだけで料金が割引になったり、業者の都合に合わせて引越しをする事で安くなる事もあります。少しの基礎知識を持っておくだけでも料金を安くする事ができるのです。

 

ところで、遠距離の引越しの場合に悩むことのひとつにマイカーをどうするかなんです。近くのところへの引越しであれば乗ってゆけば良いので問題はありませんが、長距離の場合にはどうすれば良いでしょうか。車の引越しについても業者がありますので利用することを検討してみてもよいでしょう。

午前と午後の違いでも料金が変わってくる

引越し業者にとって忙しい時期と暇な時期があります。一週間単位で考えても忙しい曜日と暇な曜日があります。忙しい時期は就職や進学などで新生活を始めるときです。この時期は次から次に引越し依頼があるので業者は料金設定は強気になっています。どうしても忙しいに時期に引越しをしなければならないという訳でなければこの次期をズラすだけで料金が安くなります。一週間で忙しい曜日は土・日・祝日となっています。平日は比較的安くなっていますが吉日を好む方が結構いるようで『大安』は高くなっているようです。

 

「一人暮らしのための引越し」というと家族などの調整が不要であるという利点を活かして可能な限り平日を引越し日に選ぶことで、時間帯に加えて更に引越し業者が忙しくないタイミングを選べることになります。見積もり時の交渉材料として役立つでしょう。引越しの時間帯によっても料金に違いがあります。引越しする日の早い時間帯に済ませてしまって、午後は新居の清掃や整理整頓をしたいと思いませんか。多くのかたはそのように思うようで、午前中に引越しの予定が重なる場合が多いのです。

 

そのため午前中に希望を出すと見積額が高くなるといわれています。こちらか時間の希望を出さずに、業者側に時間を決めてもらう「おまかせ」などを利用すると見積額が安く設定される期待が持てるそうです。時間的な余裕を持っている方であれば、「おまかせ」を利用してみるとよいかもしれませんね。一人暮らしの引越しは時期も曜日も時間も自由に選ぶという利点があります。この利点を最大限活用してお得な引越しを目指してください。