引越しするなら単身パック【費用が一番安いのはどれ?】

単身者用の引越しの場合、通常の引越しよりも断然お得になるのが単身者用の引越しパックやプランです。そのプランやパックに収まる荷物の量ですが、大雑把にいいますと、冷蔵庫と洗濯機プラスダンボール10箱くらいの量です。

 

最近は引越し業者1社の中でも様々な単身引越しのプランやパックのバリエーションが用意されています。荷造り、荷ほどきはもちろん、部屋のレイアウトまで考えてくれるスペシャルなプランもあるようです。

 

他には家具だけを運ぶというプランもあり、このプランは実家から出て新たに一人暮らしを始める方のためのプランです。家電は新規に購入して家電店から家に配達してもらうので引越しする荷物は家具だけということになります。他にも引越し会社が提供する「家電レンタル」というサービスもあります。たとえば大学生となって実家から出て、一人暮らしをする場合に実家から出るのは大学の間だけでまた地元、実家に戻ってくる予定であれば家電は買うよりもレンタルの方が出て行くときと帰ってくるときの引越しも身軽ですし、なにより買った家電の後々の処理に困りません。無駄な物は買わないで済みエコになります。それから学生割引がきく引越し業者もありますので割引の見落としがないように何社もチェックした方がいいです。

 

それからシニアに向けたプランもあります。グループホームや介護施設に入る場合の入居先の下見から不要品の処分、荷物の整理、荷造りを専門のスタッフが行うサービスがあり、煩わしいことは全てお任せできるので高齢者の方には安心できるプランです。

単身引越し向けのサービスを業者は提供しています。

各引越し業者には単身向けに便利なパックやプランを用意しています。有名なところでは日通のワンルームパックやクロネコヤマトの単身パックがあります。 ただしアート引越センターやサカイ引越センターなど大手や中小の業者の単身者向けサービスは見積もりが必須となっているところがほとんどとなっています。 単身引越しおすすめ業者|東京−大阪間の引越し料金@安い業者が見つかる見積もり比較はコレ!

 

これは、専用のボックスを使うパックでは荷物が収まらない場合には、もう1つボックスが追加され料金が倍になってしまうこともあり、必ずしもパックサービスがお得とは限らないことを示しています。 ですので一人暮らしの方であってもまずは各業者の見積もりを比較してみましょう。その上で単身パックがお得であれば利用するようにしてはいかがでしょうか。

 

引越し業者の料金は一定価格というわけではありません。東京−大阪間の同じ距離であっても、時期や日によって引越し代は変わるのです。

 

たとえばテレビCMで知名度抜群の日通の単身パック、このサービスも平日と土日祝では料金が違います。休みの日に5000円高くなるんです。

 

これと同様に引越し業者の費用は、件数が多く見込まれる時に高くなるものなのです。もっとも高い価格となるので注意しなければならない時期は、春の3月の月末の週末になるでしょう。通常の時期であれば10万円で引っ越せるとすれば、この時期は15万円、あるいはそれ以上の費用を請求されるかもしれません。

 

ですので、どこの業者を利用するのか迷う時は当サイトでご紹介している一括見積もりサービスを利用して費用を見比べてみるのが良いでしょう。オススメです。